トリムクールは安全?成分効果と副作用の危険性を徹底解析!

この記事ではトリムクールの副作用について解説します。

 

トリムクールの有効成分と危険添加物についてまとめてみました。

 

トリムクールの安全性が気になる人は、この記事の内容をしっかり確認していって下さいね!

 

成分名 効果 副作用の危険性
シメン-5-オール 汗のにおいの元となる皮膚表面の雑菌を殺菌し、除菌することで臭いを防ぐことが出来ます。
フェノールスルホン酸亜鉛 汗に含まれているたんぱく質に反応することで汗腺の出口をふさいで汗を抑えるため、匂いの元を断つことが出来ます。
エタノール 殺菌効果に優れており、その力を防腐剤として利用することが出来ます。
メントール 冷感を引き出す物質であり、爽快感を与えます。
塩化Na 血液や体液の成分であり、医療用として傷や粘膜の洗浄に使われることも多いです。
トレハロース 炭水化物に分類される糖分ですが、保湿性が非常に高く、肌の乾燥や肌荒れを予防します。
フェノキシエタノール 微生物の増殖を不正ぐことで製品の品質を守ります。 ★★
BG 水の分子を磁石のように引き寄せて保湿をする効果があります。同時に、菌の増殖を防いで防腐効果を高めます。
水添大豆リン脂質 皮膚の保湿機能を補助し、バリア機能を回復します。
天然ビタミンE 優れた抗酸化力で活性酸素を除去します。毛細血管を拡張して肌の隅々まで血液を巡らせることで肌荒れを解消します。
ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液 天然の脂肪酸とアミノ酸からできた界面活性剤です。荒れた肌に浸透して整えてくれます。
グルコシルヘスペリジン ポリフェノールの一種であり、ビタミンPを肌に浸透する誘導体としての働きを持ちます。
ルチングルコシド 肌を整え健康に保つことで、肌のさらさら・すべすべ感をアップさせます。
カキタンニン 古くから防腐・防虫・防水効果があることが知られている成分であり、悪臭成分と結合して別の成分に変えてくれるので、消臭効果が高いです。
チンピエキス ミカンの果皮より抽出された成分です。消炎効果、血行促進効果があります。
クロラミンT 強い酸化作用によって殺菌消毒をします。
炭酸水素Na 重曹として広く知られています。医療用としても多用されています。
ノバラエキス 皮膚の状態を正常に保つエキスとして様々な化粧品に配合されている成分です。収れん作用があります。
炭酸Na 油脂を乳化したり、たんぱく質を分解したりする際に利用されます。
ワレモコウエキス 生薬としても有名なワレモコウから抽出し、皮脂の分泌を抑制して肌を引き締めます。
アーティチョークエキス フランス料理で多用される西洋野菜であるアーティチョークから採取しています。古くから美容に効果的だとされています。皮膚を清潔に保つ成分です。
10-ヒドロキシデカン酸BG ローヤルゼリーを構成している成分の一つであり、抗酸化作用を持っています。ニキビ予防や、しみ・そばかすを減らす作用があります、
POE水添ヒマシ油またはPOE硬化ヒマシ油 洗浄剤や乳化剤として化粧品に添加されている安全性の高い非イオン界面活性剤です。
精製水 蒸留やろ過をすることで不純物を取り除いています。肌の余分なものを取り去り、美容成分を浸透しやすくしてくれます。

 

副作用の危険性:当サイトの基準で判定

 

トリムクールに含まれる全成分の効果と、その副作用危険度を一覧でまとめました。

 

トリムクールには危険性の高い成分は使われていません。

 

フェノキシエタノールには危険性があるという意見もありますが、少量であれば問題ないでしょう。

 

  • シリコン
  • 着色料
  • パラベン
  • 香料
  • タール系色素
  • 紫外線吸収剤
  • 動物性原料
  • 酸化防止剤
  • 合成ポリマー
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤

 

トリムクールには以上のような危険性の高い成分は使われていないので、敏感肌の男性でも安心して使用することが出来るはずですよ!

 

>>トリムクールを使った私の口コミをチェック!